tumsグループは「あんしん」と「まごころ」をスローガンに、 人にやさしい、真に頼れる医療と介護ケアを実践しています

1993(H5)年に都内江戸川区に最初のクリニックを開業して以来、一貫して、ご利用者(ご入居者)の目線に立った「やさしい医療・介護ケア」「真に必要な医療・介護ケアサービス」の提供に取り組んでまいりました。

診療所はすべて利便性の高い駅前に配置し、夜間診療や休日診療、病児保育室などをいち早く導入、新時代に必要なサービスを積極的に展開してまいりました。患者さま、ご利用者(ご入居者)を第一に、これからの医療・介護ケアの在り方を真剣に考え、それを実践してまいりました。さらに高齢者医療・介護ケア、認知症専門病院、療養病院、新型老健の開設等々、社会状況の変化と時代のニーズをしっかり受け止めながら歩み続けてまいりました。
地域の皆さまの健康と笑顔を守ることが私たちの使命と考えております。

2011(H23)年、埼玉県川口市に特別養護老人ホーム「川口さくらの杜」を開設いたしました。
ユニット型という新しい時代のコンセプトに、私たちならではのノウハウを取り入れた桐和会グループの特養です。隣接する「川口さくら病院(認知症専門病院)」と連携しながら、よりご満足いただける介護ケアの充実に努めてまいります。
社会福祉法人桐和会 さくらの杜は、「川口さくらの杜」「見沼さくらの杜」「越谷さくらの杜」「道合さくらの杜」が続いてオープンいたしました。
これからも初心を忘れることなく、皆さまの”頼れる存在”でありたいと心に決めております。
どうぞよろしくお願いいたします。

桐和会グループ 代表 社会福祉法人桐和会 理事長
岡本 和久

タムスさくらの杜市川は、入居者様や地域の皆様をはじめ、グループ内のすべての関わり合いを大切に歩んでいきます

はじめまして。施設長の櫻井です。

私が桐和会グループに入職したのは約6年前です。埼玉県にある介護老人保健施設、川口メディケアセンターの相談員として入職し、その後事務長を務めました。
新しく特別養護老人ホームをつくるということでお声がけいただきタムスさくらの杜市川の施設長に就任しました。管理職に染まることなく施設の運営にあたるつもりです。なぜなら、福祉施設で働く醍醐味は入居者様の笑顔に寄り添い、入居者様を想って試行錯誤を重ね、そんな毎日に喜びを感じられるからです。
事務室とフロアではどうしても温度差が生まれてしまいがちですが、挨拶ひとつとっても自分から声を掛ける意識で同じ目線に立ち、職員が一丸となることで居心地の良い雰囲気づくりができると思っています。具体的な計画を立てるのはまだ少し難しいのが現状ではありますが、理想として掲げているのは、桐和会グループにとっても福祉の業界にとっても新しい取り組みを実行していきたいです。
自分ひとりではできませんので、職員と協力しながらそれが結果として地域の皆様の利益に繋がったらいいなと思っています。

施設長としてできることを、全力で。

福祉の業界に携わって20年になりますが、施設の立ち上げに関わるのは今回で3回目になります。
過去の2回は自分自身が未熟で、「もっとこうすることができたのではないか」という悔しさが残っています。相談員や事務長として毎日施設の目標を立てていたのですが、達成できた日に限って悔しいことにことごとく私の公休日なんです(笑)。施設長として迎える今回の立ち上げには、これまでのすべての経験を注ぎ込み、ベストな状態で入居者様をお迎えしたいです。また、職員の研修にも注力していくつもりです。
介護福祉士の倫理綱領の中に後世の人材を育成しなければならない決まりがあります。職員の介護知識とケアの質の向上が、利用者様の幸せに繋がると思っておりますので、おざなりにしたくない部分ですね。

真心で信頼関係を築きます。

入居者様やご家族とコミュニケーションを取る際に意識しているのは、相手の本意に耳を傾けることです。日本人は特に本音を隠して話すことが多いように思いますが、心をオープンにして共感し合わなければ信頼関係を築くことはできません。私ども職員が入居者様やご家族の良き理解者なれるよう、真心で会話ができたらいいですね。そのために私は、自分が思うことを伝えるだけでなく、本当の不安や聞きたいことを明かしてくる言葉を選びながらお話しするようにしています。以前、施設見学に来られた方で、結果として別の施設に入居することになりましたが、困った時には私宛に連絡をくださり、相談をしてくれたことがありました。“人”と“人”との心の通わせ方や助け合いにはこれからも丁寧に気を配っていきたいです。

グループ内で連携体制が整っています。

桐和会グループは現時点で9つの特別養護老人ホームを所有していますが、千葉県にできるのは初めてです。
千葉県はグループ内の病院や福祉施設へのアクセスが良く、同県のタムス市川リハビリテーション病院やタムス浦安病院、江戸川区の東京さくら病院、江戸川さくらの杜、春江さくらの杜へもすぐです。
何かあった時に相談に乗ってもらえたり、駆け付けられる距離なので、入居者様にとっても職員にとっても心強い環境です。

地域の皆様、入居を検討する皆様へのメッセージ

タムスさくらの杜市川を通して関わりを持った入居者様・ご家族・職員がそれぞれの目線で、『来てよかった 任せてよかった 在ってよかった』と共通して思える施設をめざしています。
地域の皆様にも安心していただける場所であるために、近隣の保育園や学校との交流を図ったり、子ども110番や、地域の一員としての役割を果たしていきたいと考えています。困ったことがあればお気軽にご相談ください。今後ともよろしくお願いいたします。

特別養護老人ホーム タムスさくらの杜市川 施設長
櫻井 武志

-